×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

リレーRPGシーズン2はエリックさんが主体となって企画された
合同製作ものです。
家ゲー ツクール祭'08にはそのシーズン1が製作、公開され
非常にうらやましく思っていたところ
今回、お声をかけていただき参加する運びとなりました。

全体的な製作期間は2009年3月ごろから同年9月までですが、
私が参加し、製作を行っていた期間は
3月下旬~4月上旬と、8月中旬~9月上旬のみです。
これまでの製作スタイルと比較すると短くはありますが
非常に密度の濃いものでした。

製作に際しては、これまで私が作ってきたゲームのキャラクターを
一人でも多く出したいと思っていました。
また、これまで培ってきたスキルをできるだけ出し切りたく思い、
プロットを組みました。
結果、システム面ではUN.SEALよりのものになり、
キャラクタはドラえもん関係のものを除くすべての作品から
何らかの形で何者かが登場させることができました。
登場したサブキャラの数だけなら
どの方が製作なさった章よりも多いです!
そういう意味で、こんどー集大成みたいな意味合いもちょっと持たせています。

初めてこうした合作に参加させていただき、
非常によい経験となりました。
合作ってエネルギーがいりますが、非常に面白いんですね。
機会があればまたやってみたいと感じさせられました。
こうしてできあがった当作品、私だけのものではありませんが
一人でも多くの方にお楽しみいただければこれほどうれしいことはありません。
ご意見ご感想はたいへんに励みになります。どうぞお気軽にお寄せ下さい。

このページでは、リレーRPGシーズン2の中でも
こんどーが製作を担当した【第三章】【フリーシナリオ:こんどー章】について
記述しています。
リレーRPGシーズン2全体については、
エリックさんが管理しておられるこちらのサイトをご覧ください。

【第三章のあらすじ】
なんだかんだ色々あって旅を続けるブリアンとトーマ。
そんな2人が次に訪れた町はホムホームだった。

そこで2人はジョニ夫と名乗るやたら騒々しいオカマと出会う。
ジョニ夫によれば、
ホムホームの西に情報屋がおり、そこでなら女体化についても
何かわかるに違いないとのこと。

3人は一路、情報屋のもとを目指すのであった。

  • ジョニ夫
    【TU-MULT】
    ごぞんじオカマ。
    「なんでお前が」「カリィのほうが良かった」などという罵声の中、
    肩で風を切りながら颯爽と闊歩できるのは彼女だけになせる技。
    その姿はプレイした者すべてに
    「ジョニ夫がいなければリレーRPG2は成り立たなかった」と言わしめるだろう。
    とかなんとか。
  • スズメ&タカシ
    【shAde】
    半角エージの作品からも彼女らが出演。
    相変わらずのがめつさと女好きさを披露してくれるはずです。
    もちろんシラさんも出るよ。
  • レナ&ソメ
    【UN.SEAL】
    レナはとある村のお嬢様。ソメはそれに仕える従者。
    しかし二人の関係には関係には単なる従士以上のものが…?
    レナの願いをかなえるため、2人は今日もランプを探し続ける。

    UN.SEALのシナリオから考えれば厳密にはあり得ないシチュエーションが
    今作では表現されます。
    そのあたりはパラレルワールドとして割り切って
    キャラの競演を楽しんでいただければ、と思います。
  • キャプテン
    【TRAUM LANT】
    TRAUM LANTからは全てのプレイヤーに強い衝撃を与えた彼が出演。
    今作では彼は人間族に対し特別な感情を抱いています。
    ウンコ族と人間族が和平の道を進みつつある中、
    突如、星に飛来する巨大隕石。
    果たして、キャプテンの思惑とは…?
  • その他
    その他ゲストもちょいちょい出るよ

プロモーションムービー

フリーシナリオ部こんどー編 前編
導入部

フリーシナリオ部こんどー編 中編
ダンジョン攻略編
こちらでギミックを解説しています。

フリーシナリオ部こんどー編 後編
クライマックス

  • タイトル :リレーRPGシーズン2
  • ジャンル :合作
  • 使用ツール :RPGツクール3
  • プレイ時間 :約7時間
  • 必要MC数 :たくさんあればあるほどよいと思います
  • 製作スタッフ
    AUさん あ六さん エリックさん こげさん こんどー ゾンリさん ヤマネコさん やゆよさん らびっとさん
  • 公式HP :http://relayrpg2.hp.infoseek.co.jp/
  • ダウンロードはコゲーツクール祭'09からどうぞ

© kondo 2000-今. All rights reserved.
Designed : Under the Rose