×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

家ゲー ツクール祭'08お疲れオフ会

今さらながらオフ会レポートを書こうと目論むも
まったく持って何も覚えちゃいねえという罠発動につき至極残念無念の極み!!!
しかしそんなこともあろうかとオフ会の悪鬼羅刹渦巻く中
ちゃっかり眠い目こすりつつ早寝早起き三文の得を
「いや5文!せめて4文!」とか言いながらGETしていく過程の中
ビシィッと書き連ねていきまくっていたメモを参考に
レポートを鬼の首とったようにれぽれぽしていく、
そんな更新にしたいなぁと僕なんてのは思ってるんですねー。[注]


家ゲー ツクール祭'08終わったよお疲れさまオフ
オフ会レポート

10月中旬にやったのにこれ書いてるの12月中旬で何も覚えてないけど
勢いで押し切ればなんとかなるんじゃないか編


[注] ルーツ菌:http://www37.atwiki.jp/blackhistory/

10月11日(土)

私が参加したのは土曜日からです。
実は金曜日から暇をもてあました神々どもはDr.Kさん(菩薩)の家で
そのもてあました性欲をどこへともなく発散しまくっていたらしいのですが
そんな男だらけの誰得ハーレムに参加することを良しとせず
近所のおばさんに対してかいがいしくスーパーのレジを打ちまくるオレKOOL!!!
17:00あたりにドラポケたけテイクさんと菩薩宅最寄り駅にて合流し
サッサッサッとKさんちへかきこまれるオレたち!
予想以上のイカくささが蔓延するカオス極まりないDr.Kさん宅に到着するも
なんとKさんちには食い物やら飲み物やら何も用意がされておらず赤貧状態!
そんな中現れたオレたちはまさに鋼の救世主(メシア)と言わざるを得ない!
メシア連合(私、こげさん、Kさん、たけさん)でスーパーに繰り出し
酒と言う酒をカートの中に荒々しくぶち込んでいくと言う
成人男子なら誰でもやるだろ的な行為に走っていくこれまさに諸行無常!
先に言っておくとここで筋子を買ったのが大きなミス!
いったい誰が買ったのか覚えちゃいないんですがオレのメモ帳には
ちゃんと「すじこを買ったのは大きなミス」とか書かれており
私怨っぷりが伺えるとかいうかなんというかどういうアレだー!!!

そんなオレ達のオーラを知ってか知らずか空気を読みまくった甘茶さんが
電車の乗換えをミスるとかいう体を張りまくったネタを披露!
しかしそんなネタに対しても舌打ちをしまくるしかないオレたち面々は
甘茶さんに対してあること無いこといいまくってその場にいないことをいいことに
罵倒しまくると言う「おめぇら人間じゃねぇ」的な神々の遊びを決行!
戯れはさらに続き甘茶さんを迎えに行ったKさんをさておいて
もんじゃ焼き屋で飲み会を乾杯よろしく始めてしまうオレたちは
他の誰から見ても一番センチメンタルだろう!!!

いい感じに酒が回りまくって脳内麻薬がブリブリとオレ達のケツを
脅かしまくってきたあたりでスーパー席替えイリュージョンが時空を轟かす!
たけさんとKさんが示し合わせたように隣り合わせになり
前回の飲み会と同じ展開が発動!食らったのはこげさんと甘茶さん!
出たーーーーっ!年長者二人のスーパー説教タイムだーーーーっ!
何を悪いことしたわけでもないのに愛と勇気と希望の名のもとに説教しまくる彼らは
日本の行く末を誰よりも深く案じていたに違いないとかなんとか
残されたオレたちはAUさんの「こげさんはクソ」トークを聞きながら思っていたのだ!

その後カラオケに!
明らかに若々しさにあふれる部屋にぶち込まれたオレは
ここぞとばかりに微妙に時季をはずしたアニソンを歌いまくり
意図的に若人どもを置いてきぼりにする作戦を決行!
ふははははどうだお前を蝋人形にしてやろうか的なお兄さんを演じていたところに
さらに若人を置いてきぼりにする確定的に明らかな意思を持ったたけさんが参上し部屋炎上!
だがしかしここで一発フォローしておくと
たけさんはこれまでのオフ会でもずっとこういうノリだったので
今回特にはっちゃけたとかそういうワケではなくむしろいつも通り!
若い人には刺激が強かったとかそういうことにしておいたほうがよく
自重されたたけさんなんかたけさんじゃない的なYes,we canを高々しく振り上げた右手とともに
全世界に発信していきたいなんて僕なんかは思ってるんですねー。

帰宅後は示し合わせたように酒盛りを開始!
いろいろやったけどここに書いても大して面白くないんで省略!寝たのは4時ごろ!

10月12日(日)

9時と同時に目を覚ますオレだったが階下の大部屋には未だにゲームをし続けていた
悪鬼羅刹どもがたむろしておりたまらずエアー脱糞!
そんな気分的にはクソまみれのケツを意にも介せず紳士モードに突入していたオレは
眠い目こすりつつむにゃむにゃ言ってる子猫ちゃんどもを寝室にへといざなったのであった!
しかしこの「プリティキャットのいざない」がオレの中に大きなダメージとして蓄積し
その後昼飯を食いに行くまでまったく何もする気にならないと言う前代未聞の事件として勃発!
そうだ!wajikoさんゲーをやった!超面白かった!
面白すぎて昼飯は思わずカレーにしてしまうという蛮行を周りを巻き込みつつ
ファイナルフュージョンするほどでありみんなやろうぜという人権宣言!
とにかく昼飯のインドカレーは美味でありやっぱりカレーはすばらしいなぁと言うレビュー!!!

その後はマンガ読んだりゲーム見たりしていつつも
皮膚をまとう垢の感触を振り払いたくて身もだえしていたオレは
「やめろ!そんなことしたら!」とか言うみんなの声を振り払いつつ銭湯直行!
オレとたけさんの帰りを待ってから銭湯に行こうと勝手に目論んでいたらしい
Kさんたちをド放置で湯船につかりまくってハビバノンノしていたら軽く怒られて号泣!
しかし涙は見せるわけにはいかない!
オレは風呂に頭までつかって涙をごまかしたのであった。
たけ「こんどーくん…、もしかして、…泣いてる?」
オレ「ばっ、バカいってんじゃねぇよ!あれっくらいで泣くわけねえだろ!」
たけ「でも…目が赤いよ?」
オレ「こっ、これはっ、なんでもねぇよ!ゲームのしすぎだよ!」
名人「ゲームは一日一時間!」
オレ「ギャフン!」

晩飯は回転寿司!
その恐ろしいスピードで回転を続ける寿司どもをオレたちは必死で食い止めようとしたが
ひとり、またひとりと息絶えてゆくのであった!
その速さたるや回転寿司の許容範囲を超えているのは目に明らかであり
どうしてそのスピードを保ったまま90度に近いカーブを曲がりきれるのかなどといった
理系らしい議論を生むにいたった次第である!
しかしかの孔明曰く回転寿司の戦闘力はスピードだけでは決まらない!
寿司ネタの豊富さ!新鮮さはもとより、なんといってもその旨さが求められる!
だがそのときのオレたちはそんな当たり前のことも忘れ
ただただ皿の絵柄だけを気にするタマキンチャイチーぶりを発揮していたのであった!!!

帰宅後は示し合わせたように酒盛りを開始!
いろいろやったけどここに書いても大して面白くないんで省略!寝たのは4時ごろ!
ごめんこれコピペ!

10月13日(月)

この世に生を受けたのはまたしても9時!
生命の神秘とオレの体内時計に驚きつつ広間に戻ると
そこにはベトベトンがもう一発進化したような悪鬼羅刹どもが
ツクールゲーをゲハゲハとどくどくを放ちつつプレイしているではないか!
互いが互いに毒を与えつつ自らの毒によってそれを中和すると言う
およそ人類のなすべきことではない狂気の沙汰に染まるポケモンどもを見て
驚愕と同様とそして何より旧知の友をこんな形で失ってしまったと言う悲哀を隠し切れないオレ!
しかし悲しみを振り切ってまたしてもプリティポケモンのいざないを繰り出す俺は
世界中の誰よりきっと果てしない笑顔をずっと抱きしめていたことだろう!

その後はスマブラやったりスマブラやったりスマブラやったりしているうちに時はたち
まるでオレたち廃人みたいだなハハハいやまさにその廃人なんだよ忘れてたイッケネーなんて言いつつ
4時くらいになってしまっていたのであった!
どうやらこの日はすでにプランに秋葉原に行くってのがあらかじめ埋め込まれてたらしく
久々の秋葉原の空気を懐かしむオレをよそに浮かれまくる面々!
各々縦横無尽に買い物を楽しんだ後に
AUさんのおごりでハンバーグを食い我々もKさん宅に帰りついたのであった!
ありがとうAUさん!
個人的には迷子防止条例携帯電話付随の刑に処してくれたのも助かりました!

帰宅後はDJ.KOGEのオールナイト界隈を録音開始!
こげさんと鉄クズさんの初々しくも青春の甘酸っぱさを感じずにはいられないやりとりを尻目に
ちくわを切っては食い切っては食いしまくるオレ!
ちなみにこの時食っていたちくわやらかまぼこやらは鉄クズさんのお土産らしく
非常に美味でありまた持ってきてもらいたいなんてここでまさかの催促!
テキトーに酒をコンビニで補充したりなんてしつつ
こげさんをいじめる目的だけで開催されたラジオ大会は終了!
トランプと言ったらナポレオンだろ的なノリでカードゲームにいそしむも
酔いが回っていたオレはみんなの声がはるか遠くシャンドラの鐘のごとく聞こえていた!
連携ナニクソ雰囲気ナニクソでマイペースにプレイしまくっていたが
とりあえず今日は早めに寝るかというオーラがKさんち全体を取り巻いてきたので就寝!
2時くらいに寝た!そんで7時くらいにおきて帰った!

まとめ

楽しかった!!!


© kondo 2000-今. All rights reserved.
Designed : Under the Rose