×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

新年度大特攻オフ会

今回のオフ会の詳細を、私は知らない。
メンツも、場所も、日取りすらも知らない状態で、私は特攻を果たした。
…ことの起こりはこげさんからの情報リークだった。

「3月28日ごろからオフ会やるつもりなんですよ」

なにっ!場所はどこだ!東京か!Kさんちか!それなら行かないわけがないだろ!
かくして詳細を全く知らないまま、メッセの仲良しメンバーズの集まりに
特攻を決意するオレこんどー。
一応ドンであるKさんに連絡して、合意をとっておく。でないと後が怖い(爆)

「こんどーさんは何も言わなくても来るもんだと思ってました」

オレはエスパーかよ。

ただ、ひとりで特攻するのには若干恐怖の念がありました。
そこでたけさんにとりあえず声をかけてみる。
ついでに以前から一緒に飲んでみたかった甘茶さんにも声をかけてみる。
2人ともピンポイントでの参加ではあるが、来てくれることになりました。

こうして私の大特攻オフ会は幕を開けたのであった!

第一章 おれがテリーであいつがあなすで

就職活動中であった私は、全日参加することをハナからあきらめていました。
実際、オフ会は金曜日から行われていたようなのですが、私は土曜の夕方から参加。
18時30分にたけさんと最寄駅で合流してKさんちに向かうことにしていました。
んで、一度言ったことのある場所とはいえ迷ったら困るじゃないですか。
そんなだから私はしっかり地図を持って行ったんですよ!えらいでしょ!
ちゃんとね、事前にKさんに住所聞いてグーグルマップを駆使してプリントアウトしてきたんですよ!
この用意のよさ!万全の準備!備えあればうれしいなとはまさにこのことですよ!
…ただね、それでもオレは迷っちゃったのさ。
駅の出口が2つあるだなんて覚えちゃいなかったよ。
ふらふら歩いて出ようとしたらたけさんにものっそい罵倒されちゃいました。
「これから居酒屋に直行するのかと思ってたらKさんちに行くのかよ!
 そっちじゃないよ!道覚えてないならフラフラ歩かないでよもう!」
そ、そんなに怒らなくても…。地図もってきたんだから褒めてくださいよ!
ただまー、その後も「そうそう、この角にチャリンコ置場があって…ない!?」みたいな展開はあって
私が本格的に道を覚えてないことが発覚。ごめん、マジごめん。

んで、なんとか迷いながらも到着。一応コンビニによってウコンの力を買うという用意周到ぶり。
前回のゲロ酔いの過ちは繰り返さないぜ!ドーピングしたってかまわない!勝てばいいんだこの世界はな!
ところがどっこい玄関あけたら靴が多すぎて入れない。いったい何人いるんだこれ。
困りつつも自分の靴を放り投げて進入しました。
知ったムサい顔がいくつも並んでいてちょっとはなんとかならんのかと思った矢先、知らない顔が2つ。
事前情報によれば、たぶんガルシアさんかあなすさんかテリーさん。でも2人しかいないぞこれどーしたことだ。
緊急に自己紹介を要請したんですが、すでにあいつらはグダグダな環境に頭がマヒしまくっており
自己紹介自体がグダグダすぎて内容把握不可能という大失態。
「私はwajikoです」とか言ってるこげさんをぶっとばしたくなる。そういうボケはいらん!

ちなみにこの時点で既に家にいたのは
Dr.Kさん、こげさん、wajikoさん、HKL3さん、ガルシアさん、あなすさん、テリーさん。
んで、私こんどーと、たけさんが追加と。

あなすさんはデカい。ジャンボと名付けたくなるくらいでっかかった!
どれくらいデカいかっつーと、私がキャプテンオリマーだとしたら、
あなすさんはドンキーコング。ちなみにwajikoさんはキャプテンファルコンでこげさんはルイージかな。
あなすさんはデカさの割に冷静な方だったので、気は優しくて力持ちタイプの温厚さなのかなーとその時は思ってました。
とんでもなかった。酒を飲んでその真実の姿を現しやがった(伏線)
敏腕カメラマンその1

テリーさんはあなすさんをギューッと圧縮したようなカンジ(爆)ディディーコング。そんなにちっこくはないけれど。
ごめんなさい、2人は初対面だったもんだからそういう覚え方をしてしまいました。
ドロンボー一味のデカいヤツと細いヤツみたいな覚え方(爆) これはひどい覚え方だ(汗)
ただ、テリーさんのボンバーマンのストーリーモードのうまさはガチです。
ムジョー基地をノーミスで軽々クリアしていくテリーさんに惚れそうになったりもしました。
敏腕カメラマンその2

ガルシアさんはグロッキーで部屋でダウン。養生しておられたようです。
1日目から酒を飲んでつぶれてるやつがいるのかと思ったんですが、違ったようで。
なにやらフツーに体調が悪かったそうです。花粉症がひどくて熱っぽくなったと。
つーワケでその場にいたのはあなすさんとテリーさんだったんですね。

軽くダベった後にもんじゃ焼き屋に進軍。このタイミングで既にウコンの力を摂取しているオレcool。
店をすでに予約済みなあたりちょっとイイですね。
ちなみにここはこの前のオフ会の最終日で来たとこと一緒。
前回は人数が入りきらなかったりしたんでしたっけ、なんかみんなで入れませんでしたよね。
そういうの嫌だったので、ちゃんと予約して8人でガスガス入っていきました。当たり前なんだけどさ(汗)

もんじゃ焼きを2テーブルに分かれて食べました。
テーブルはKさん、たけさん、こんどー、こげの席と
wajikoさん、あなすさん、テリーさん、HKL3さんの席。
こっちの席はKさんが指揮をとってうまいことつくってくれたんですが
向こうの初心者席はひどいありさまだった。HKL3さんのテキトーすぎる指揮官ぶりに大失笑のオレたち。
つーかメニューを頼まないのはひどすぎる(爆)「全部隣の席と同じで」じゃねーよ!
こっちの席からの大ブーイングを受け、なんと私たちでとなりの席のメニューを頼んでよいことに。
好き放題に頼みまくった割に、今考えれば隣の席のメニューを口にすることはありませんでした。
しょうがもんじゃとか、けっこう食ってみたかったんですけどね。まぁ、量は多かったからいいか。

そんなこんなの中、私やKさんがビール3杯目を頼むあたりで
頼まれてもいないのに一気飲みをブッ続ける奴が登場。
誰だ!お前か!あなす!!!(伏線回収)
な、なんだこのはっちゃけぶりは…!
チューハイを3色そろえて一気飲みしたり、むやみやたらに絡んでくるぞ!
寝るな寝るな!そこは寝床じゃない!
前回のHKL3さん、こげさんを彷彿とさせるバーリトゥードぶり。
デカい身体だから酒もたくさん入るんだろうと思ってたんですが
フツーに酔って自滅。店で自滅はオレよりひどいぞ(笑)
こげさんに方を貸してもらって退場するあなすさんなのであった。



もんじゃ焼き屋での話題は

  • Kさん、たけさんが私に対して就職とはなんぞやの熱血説教トーク
  • たけさん、あなすさん、テリーさんによるツク5トーク
  • あなすさん大丈夫か?大丈夫です!トーク


なんかが印象深く残っています。あとなんだっけ?
とりあえずもんじゃがめちゃめちゃうまかったのはよく覚えてます。
量も多かったし。
ただ、サービスクーポンを使い損ねたのは完全に私のミス。ごーめーんー。
今度はしっかり渡してしっかり割り引いてもらおうと思います。うまかったしね。また行くでしょう。



その日はコンビニによって帰宅しました。
んで、なんだろ。スマブラでこげさんとタイマンはったりみんなでやったりしました。
私ってば酒がいいカンジにまわってきて、スゲーいい気分の中テンションが高まってました。
スマブラで挑発しまくって自滅しまくったり、それでもなお勝った気でいたり、実際に勝ったりしました(笑)
こげさんに「こんどーさんとガチで戦ったら負けな気がする」とか言われた屈辱は忘れない!
ガチでこい!ガチで来ずして何がスマッシュブラザーズだ!来い!お前の技など既に全て見きっているがな!!!
あとボイスチャット中のあなすさんと鉄クズさんに無理やり絡んだりしました。
ごめん鉄クズさん。あれはマジでごめん(笑)
「おいー鉄クズぅー。…バカヤロ―!どうして来ない!お前が来なくてオレは悲しいぞ!!!」とか絶叫する始末。

その後はニコニコで黒歴史RPGを布教したりしてました。
「勇者はいまかつお」のすばらしさを熱弁。wajikoさんは若干分かってくれたようでうれしかったです。
そんでもって他の方々がいろいろなツクールゲーに手を出すのを背に
たけさんとボンバーマンのストーリーモードをプレイ。
ストーリーモードのオールクリアをもくろむも、難しくてなかなか進行しない。これがね、ホントに難しいんですよ。
フツーに1つの面をクリアするのに全滅する勢い。特に最後のほうの面の難しさはガチです。
そんな予想外の難しさなもんだから、たけさんがリタイアしてHKL3さんが参入。
続いてあえなくHKL3さんもリタイアしてテリーさんが参入。
ところがどっこい、テリーさんが破竹の勢いでラスボスまでガリガリ進めていきます。
フツーにうまかった。2人がかりとかじゃなくて、1人でガスガス進めていけるうまさ。
私ってばしばらくずーっとオーディエンスでしたよ。「うめぇ!うめぇ!」とか言ってるだけ。
ただテリーさんのうまさでもラスボスのあんまりな強さにはかなわなかった。挫折しました。
時間を見てみたらすでに朝の6時。
ちょうどいいころ合いだったので、ここでたけさんが帰宅します。
残されたメンバーも就寝しました。

第二章 酒は極力避けるもの、エロは極力秘めるもの

起きたら10時でした。まわりを見ると誰も起きていない。
しょーがなかったのでノートPCを立ち上げてメモでもとっておこうと思ったんですが、
なんか挙動不審だったのでやめておく。今回はね、ノートPCがホントに調子悪かった。(伏線)
やることなくなっちゃったんで外に出てストレッチしてたらフツーに足をつってしまいダメさを痛感(汗)
公園に行ってはしゃぎたかったんですが、ここでその計画は断念されます(爆)
部屋に戻ってKさんちにあった単行本を根こそぎ読んで時間をつぶしていたら皆さん起きだしてきました。

ちなみにこのタイミングでガルシアさんが復活。
要するに昨日はまる一日くたばっていたらしい。大丈夫かおい(汗)
初顔合わせだったので軽く挨拶を交わす。

ガルシアさんは名前の印象や、ずーっと前から2chの主だったみたいなイメージも相まって
ぶっちゃけソリッドスネークもしくはスタパ齋藤みたいなタイプを想像してました(爆)
そしたらぜんぜん違ってた。これにはマジでびっくりしました。
ただ今後ともネットでお付き合いしていく上ではスタパ齋藤脳内イメージを崩さずに行きたい所存。

起きてボーっとしてたら小腹がすいてきたので、となりの蕎麦屋へ昼飯を食いに行く。
ちなみにここも前回のオフ会で行ったところですね。
朝飯と言ったらシャケだろボケーとチョイスしたところ、シャケを切らしたとかぬかしやがる。
シャケがないとはなんということだと軽くブチ切れそうになりましたが
なんとかここはぐっとこらえてけんちん蕎麦を頼みます。えらいぞ、なんてオトナなんだ私は。
頼んだけんちん蕎麦は温かくてうまくて、かなりクォリティが高かった。すごい。うまい。
しかも30円引きしてくれたんですよここのおばちゃん。ありがとう!
ん、でも前も30円引きじゃなかったか?いつもか?オレたちだまされてる?オレのありがとうを返せ!

んで、なんとなくみんなの総意で風呂に入りたくなったので直行。
HKL3さんは眠いとのことで残り、他のメンバーで銭湯へ向かう。これも前行ったトコと同じですね。
ところがどっこい銭湯はまだやっていなかった!
地元のおっちゃんに「こんな時間にやってるわけねぇだろハハハ」とか言われる始末。
家にもどって、中途半端に空いてしまった1時間30分をスマブラで消費。
4人でガスガス対戦しまくってました。おもしろいねえー。
あっという間に時間が過ぎ去ってしまったので風呂へリベンジ。
少し仮眠して元気が回復したのか、HKL3さんも起きてきてナイスな展開です。
前回の教訓を活かして今回はちゃんとナイロンタワシやら石鹸やらタオルやら
いろいろ持って行っていたので快適な風呂ライフを満喫できました。
体をガシガシ洗って、ちんこをみんなで見比べるとか中学生レベルの行事をこなす。ちんこはねーよ(笑)
ガルシアさんがまだ体調が万全でなかったのかのぼせてしまったが
なんとか歩いて帰れたのでなかなかにフィールソーグッドです。
なかなか快適な風呂だったと思う。また行きたい。銭湯大好き。

その後はスマブラで亜空を2人プレイしたいっつー我を通してゴリゴリやってました。
いやね、やっぱり亜空の2人プレイは予想以上に面白いですよ。
星のカービィSDXのノリを思い出させる展開で、ワーワー騒ぎながらできる。
1人だとつまらんとか言ってた人も、ぜひ2人でやっていただきたいです。
2人でやるとおもしろさがわかるんじゃないかなぁ。
ってか基本的にゲームってみんなでやるとおもしろいもんですしね。

その裏ではこのオフ会の思い出を作るべくツクール画像を合わせて動画を作っておられました。
ただ、だーれもが動画編集のスキルをあんまり持っていなかったもんだから
どんどん目に見えてテンションは下がっていき、結局やっつけの作品しか完成しなかったというヘボさ(爆)
ま、それでもそれなりに楽しめたのでいいと思いました。ちょっとおもしろかったよ(笑)
私が動画ソフト立ち上げればそれなりに参戦できたと思うんですけど、
ノートPCが挙動不審(伏線回収)だったので、何もできずオーディエンス化なりてちょい残念。
この借りはいつか返していきたいと思う。

しばらくこげさんとKさんのタイマンバトルinスマブラXを見ていると、甘茶さんがやってきたとのメール。
雨が降っていたのでKさんと私で迎えに行きました。
どんだけエロいヤツが来るかと思ったらフツーにオサレマンがいてビビる(汗)
しかもオサレマンはオフ会初参戦ということもありちょっとビビっていやがりました。
家についてみんなの手厚すぎるプレッシャーの中自己紹介タイム。
「私はwajikoです」とか言ってるこげさんをぶっとばしたくなる。そういうのはいらん。何度目だ!
wajikoさんのハイテンションさと甘茶さんのひきっぷりがハイコントラストを醸し出す。
それでいてHKL3さんが突っ込みを入れておりなんとも言えないムードを
ニヤニヤ眺めているオレの図がここにきて完成。
そんな展開のまま私の中では本日のメインイベント「甘茶さんゲーの中身を見てニヤニヤする」がスタート。
システムデータとかなでーるデータを持ってきておったので、これをこげさんが操り中身をじろじろ見てました。

かなでーるとマップは相当良かったです。
かなでーるはタイプが多様で、見ていておもしろかったですね。まさか私と曲被りするとは思わなかった(笑)
マップは広々と作っている感じで、町や城の場合は人の配置が重要になってくると思いました。
けっこう広いところもあったんで、歩くのがかったるくならないようにするあたりで手腕が問われるんじゃないかな。
造詣自体はかなり美しかったので、そのへんに期待していきたいところ。
美しさでいえば、自然系マップと城はホントにうまかったです。
特に氷のダンジョンとピラミッドはよだれもの。これはすごい。ホントにすごい。
流砂の表現や、氷の壁なんかはホントにきれいで、しかもわかりやすい。
多段構造になっている氷の壁は甘茶さんげーがポシャった場合には
私のものとして使っていきたいとマジで思っています(爆)
イベントが見られなかったので、あのマップをどんなカンジで活かしていくのか見られなかったのが残念かなぁ。
とはいえホントにマップの組み方は勉強になりました。いい刺激を受けられた。

こんな感じでグダグダ覗いていたら予約していた晩飯の時間に。
雨の降りしきる町を男どもでグダグダ歩き、晩飯前に帰るガルシアさんを駅まで送る。
「ゆっくりしていってね!」の叫びとともに駅に消えていったガルシアさんを
カメラマンたちが激写しまくっていたのが印象深い(爆)

晩飯はもつ鍋屋でガッツリ食いました。
テーブルはこんどー、Kさん、テリーさん、あなすさんの席と
こげさん、wajikoさん、甘茶さん、HKL3さんの席。
あなすさんは酒を自重しつつもアイスを頼みまくっていた。
酒の代わりにアイスを頼むという離れ業を成し遂げるあたり一味違う。
テリーさんは酒に弱いので、こっちのテーブルではKさんと私だけがガスガス飲みまくる展開に。
バカみたいにテンションが高まってきたうえに他に客がいなくなったので
テーブルを行ったり来たりして乾杯しまくっていた。タチ悪い客だ。
「うぇーい!wajikoさん!乾杯だ乾杯だ!」「おら甘茶ぁ!飲んでないだろお前!」とかいう展開(伏線)
リアルなこと言えばテリーさんやあなすさんと製作進捗具合を話せたのがよかったなぁ。
あとは謎に卵かけごはんについて語り合ったり鍋について語り合ったり愉快なメシでした。

メシを食い終わったらカラオケに直行。
たばこを吸うメンツと、嫌煙家のメンツで2部屋に分かれて3時間楽しみました。
私はwajikoさん、甘茶さんのスモーカーの中にHKL3さんと混じって歌いまくる。
いろんなジャンルの曲を歌えたのがホントに楽しかった。叫びまくった気がする。
甘茶さんおとなしいなぁと思っていたら
酒に弱かったために吐き気&眠気とマジバトルを繰り広げていたらしい(伏線回収) おい大丈夫か(汗)
最後は2部屋集まってみんなで地上の星大合唱。なんじゃこりゃ。

帰宅後は私の希望で甘茶データの上に実際にイベントを置いて確認したりしてました。
他にはダンジョンにいろいろとテクニックを使っていたのでそれをリプレイしたり。
技術を盗むことができてよかったと思う。
ホントに甘茶さんはいろいろと技巧派で、思いもつかない見せ方をしていてビビった。
イベントの表現にもそのへんが現れてくるんじゃないかと期待せずにはいられません。
甘茶さんが平然と「そこはイベントグラフィック39番です」とか言いのけたあたりやりおると実感。
あとツク3で実際にイベントを作ったのがクソ久しぶりだったので、操作方法を覚えていて安心した(笑)

その後は甘茶さんに過去のドラコンにあるゲームをサクッとプレイさせてみんなで楽しんだり。
その流れのなかなぜかwajikoさんが自作ゲーを見てほしいとおっしゃる。
よかろう、プレイしようではないかとみんなが見守る流れに。
しかし一度見たイベントだったこともあり、「wajikoさんアテレコしてくれよ」とかいう妙な展開に突入。
つーわけで主人公wajiko、ヒロインあなす、母親こげ、父親テリーとかいう
わけのわからん劇団wajikoが即興で完成(爆)
ちなみに父親のセリフは「だが…」と「うむ…」のみという罠(爆)
ところがこれが妙にヒット。ホントにおもしろかった(笑)
ぜひとも完成した暁にはまたやってもらいたいところです。
特にヒロインあなすがキモすぎてハマっていた。これはね、ホントにみんなに見てもらいたい面白さですよ!
私の酒が入ってる妙なテンションだからとか、そういうことではないです!絶対に!
とはいえゲームとしても面白い設定で、ひきこまれるOPになっていたので
ぜひともここは完成させていただきたい。シナリオ展開を見てみたい気持ちでいっぱいです。
実際wajikoさんがつくる世界観には独特のものがあり、すごく期待しています。
他の人とは全然違った味があるからなぁ。楽しみです。
企画がなくなった とかホントに言わないでほしい。

んで、サターンボンバーマンをみんなでやる流れになりました。
最初は1人1人でやってたんだけど、そのうちチームでやることに。

チーム静岡 Kさん、こげさん、私
vs
チーム東北 あなすさん、HKL3さん、甘茶さん

でやってたんですけど、チーム東北が弱くてボコボコになるという展開。最初は東北も頑張ってたんだけどなぁ。
そこへ来てwajikoさんをチーム東北にブチ込むも焼け石に水というヘボさ(爆)
そこでチーム編成を変えて

  • Kさん
  • こげさん、HKL3さん
  • オレ
  • 甘茶さん、wajikoさん
  • あなすさん


でやっていたところ、甘茶wajiko組のあまりの弱さに全員大爆笑(爆)
こげさんHKL3さん組はチームワークゼロで協調性皆無。もうちょっと輪を作れ(笑)
こげさんが必死にHKL3さんに語りかけるも全て受け流すHKL3さんという構図が完璧すぎた。
あなすさんはKさんに先祖代々伝わる恨みを抱いておりKさんのみを狙う展開に。
とくにみそボンという名の背後霊あなすはKさんにとりついて離れない。しかもうまい(爆)
すっぽんディフェンスぶりが板についていて、Kさんが我々に手出しを出来ない展開がよくあった。
かくいうKさんは持ち主だけあってうまくてたまらんかったです。
そーいう私は私でフツーに弱かったので、甘茶wajiko組に吸収されてダメチームを結成するハメに。
我らがダメチームは気づくと誰もいないという展開に何度も何度もおちいるヘボさをいかんなく発揮!
ところがどーいうまぐれか奇跡的に3勝を勝ち取ることができたりしてすげー盛り上がってました。
ただ、あとから甘茶さんの話を聞くと「はしゃいでたのはワジコンキリ」だけらしく、
盛り上がってたのはダメチームの2人だけだったらしい(爆)
ちなみにラストバトルはあなすさんがKさんをはったおして勝ち取ったことを書きくわえておきます。
ただ、やっぱり一番勝ってたのはKさんだったんですけどね。
こげHKL3チームは…どうだったんでしたっけ。
確か、HKL3さんが途中でテリーさんにバトンタッチして、テリーさんが強さを発揮していたりしたなー。
こげさんが高橋名人を使っていたので
途中から「高橋うぜえ、マジ高橋うぜえよ」の連呼になったのには吹いた(笑)
あと、甘茶さんがPC原人を使っていたのでハゲ呼ばわりされていたり(爆)

ひとしきり騒いで気づいたら朝の5時くらいでした。
次の日早朝帰宅しなければならないメンツもおり、寝ようという流れに。
私はもともとモツ鍋を食ったら帰るつもりだったのでこのタイミングで帰ることを決意。
カメラマンのフラッシュの中、ひとり笑顔で「おつかれーっす!」と叫び
雨の降りしきる寒い朝型、闇に消えていったとさ。オチなし。

まとめ

初めて会うメンツが結構多くて楽しかったです。
特に二日酔いにならなかったことは非常に評価できる(笑)
今後ともお酒とうまく付き合いつつバカ騒ぎできるオフ会をやっていきたいなぁ。

マジなことを言えば、RPGツクール作品をちょっとだけでも仕上げていけばよかったと痛感した。
ちっとも作っていかなかったことがちょっと悔やまれます。
あとはノートPCが動かなかったことね。動いたらなんか作ったりプレイしたりできたんだろうけど。
その辺を次回ではもうちょい改善して、うまいことプレゼンしていきたいと思います。

んではみなさん、おつかれさまでしたー!
またどうぞよろしくお願いします。


© kondo 2000-今. All rights reserved.
Designed : Under the Rose